吉澤ひとみの飲酒ひき逃げ運転の罪状や判決は?重罪で芸能界引退も?

元モーニング娘。の吉澤ひとみに関する
衝撃的なニュースが話題になっています。

今回は吉澤ひとみの逮捕で
気になる情報を調べてまとめました。

吉澤ひとみの弟は事故死していた!ひき逃げに批判集中で息子に心配の声も

2018.09.06
スポンサーリンク

元モー娘。吉澤ひとみがひき逃げ容疑で逮捕!過去にも事故を?

報道によると、
吉澤ひとみが9月6日に飲酒運転の末、
ひき逃げ事故を起こしていたことがわかりました。

午前7時に中野区の路上で乗用車を運転、
自転車に乗った女性に衝突し、
付近を歩いていた男性にまで被害が及んでいます。

ひき逃げにあったとされる男性と女性は軽傷で
命に別状はないとのことです。

なお、吉澤ひとみは昨年の9月にも
対向車と衝突する事故を起こしており、
自身のブログで謝罪したばかりでした。

この時は事故現場に残って警察官に対応し、
仕事の関係者や世間へきちんと対応しています。

個人的にも大好きなアイドルだったのに
逮捕時の表情が別人のようで
かなりショックを感じます。

スポンサーリンク

吉澤ひとみの罪状や判決は?

過去にノンスタイルの井上裕介や
稲垣吾郎が当て逃げ事故を起こしましたが、
いずれも不起訴処分となっています。

しかし、今回の吉澤ひとみの容疑とは違うケースで、
ひき逃げが懲役刑になるか罰金刑になるかは
事故の内容によって決まるそうです。

報道にある「過失運転致傷」と「酒気帯び運転」、
「ひき逃げ」には具体的にどんな判決が出るのでしょうか。

過失運転致傷罪でも情状の余地なし?

まず、「過失運転致傷罪(自動車運転過失致死傷罪)」ですが、
7年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金に。
被害者は2人で、女性は顔を縫うほどのケガだそう。

傷害が軽いときは事情を考慮して
刑を免除することができるそうですが、
酒気帯び運転でひき逃げの場合なさそうです。

特に飲酒運転は初犯でも厳しく罰則される可能性が大きく、
今回救護措置も行わなかったとのことで、
執行猶予がつかないこともあり得ます。

例え重傷者・死者がいなくても、
被害を受けた相手に対してその場で必要な措置を
怠ったというのはとても罪深いのです。

これは道路交通法違反にあたり、
救護義務違反は10年以下の懲役
または100万円以下の罰金。

報告義務違反でも3か月以下の懲役
または5万円以下の罰金です。

スポンサーリンク

酒気帯び運転にはさらなる加重が

また、報道によると正常な状態での運転ではない
「酒気帯び運転」が確実視されています。

この酒気帯び運転だけで考えても
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

もし「危険運転致死傷罪」に問われてしまうと、
さらに刑が重くなって15年以下の懲役に。
(人を負傷させた場合)

そして、事故の発覚を恐れて逃げたり、
体内のアルコール濃度を下げる行為をして
罪を免れようとした場合は12年以下の懲役だそう。

逮捕後は約2ヵ月の内に警察から取り調べを受けて送検。
身柄を拘束されて拘留期間をはさみ、
起訴されたら刑事裁判を受けることになります。

スポンサーリンク

吉澤ひとみに芸能界引退の可能性も?

いずれ、吉澤ひとみによる謝罪会見が行われ、
事故の被害者へ償う日々が待っているでしょう。

今回吉澤ひとみにかかった容疑の
刑の重さをご紹介したように、
今後の芸能活動は厳しい可能性が大いにあります。

また、吉澤ひとみは子どもを持つ母親という一面もあり、
今回の事故で根付いたイメージを払拭することは
相当難しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク