河西歩果アナのフィギュアスケートの実力は?ユーリ!!!onICEのモデルだった!

この10月より、「news zero」(日本テレビ系列)の木・金曜枠で出演している河西歩果(かわにし ほのか)アナ。

カルチャーと気象情報担当として話題のアナウンサーです。

そこで今回は河西歩果アナのプロフィールと特技についてご紹介します。

スポンサーリンク

news zeroの河西歩果アナってどんな人?完璧な才色兼備だった!

まずは河西 歩果アナのプロフィールをご紹介します。

生年月日1996年7月1日生まれの22歳
身長160cm
出身山梨県
血液型B型
出身大学中央大学法学部法律学科在学中(2018年10月現在)
趣味ダンス、一眼レフ、音楽鑑賞、海外旅行、スキューバダイビング、ヨガ
特技スキー、バレエ、ピアノ
資格書道準特待(六段の上)、漢検準二級、英検二級

河西果歩アナは現役の大学生なんですね!大人っぽいショートカットが明るい笑顔によく似合っています。

また、河西果歩アナの口癖は「今すごく幸せ!」だそうで、素直で人懐っこい性格をしているんだとか。

プロフィールを見る通り多趣味・多芸ですが、健康的な肌はスキューバダイビングが好きだったからなんですね。

また、文武両道を極める難関校・山梨学院高等学校出身です。この高校は、サッカーや駅伝で有名ですよね!

河西歩果アナの親族には教員が多いそうで、資格を取ったり、高い偏差値の進学校を出ています。

スポンサーリンク

ミス中央ファイナリスト!ミスコンの活躍でスカウトされていた

河西果歩アナは先にご紹介した通り、完璧な経歴の美人アナウンサーです。

やはり数々のミスコンに出場し、「ミス中央コンテスト2015」のファイナリストや「OASIS CAMPUS COLLECTION2015」のグランプリに選ばれています。

また、アナウンサーとしての夢はこの頃からあったのか、企画として大学1年の時に、『山梨でのオススメデートプラン』などを紹介しています。

初々しいながらも、丁寧に話している姿が印象的です。

河西果歩アナは頭もルックスも良く、スポーツや芸術の才能もあるなんてすごすぎです!

スポンサーリンク

河西歩果アナは実はフィギュア選手だった!スケートの実力は?

実は河西歩果アナの1番の特技は、フィギュアスケートなんです。お父さんの勧めに「やる!」と即答して、5歳からスケートを始めています。

なお、妹の河西萌音(もね)(下写真中央・左が河西姉妹)、従姉妹の河西佳弥(かわにし かや)もスケート選手として活躍。

また、日本スケート連盟強化選手の本郷理華(ほんごうりか)選手と同い年です。

そんな河西歩果アナのスケートの実力はどれくらいだったのでしょうか。

河西歩果アナの実力は全日本選手権で活躍できるレベル

河西歩果アナが高校時代に「世界大会に出場して、人に感動を与えられる演技をしたい」と語っているように、河西歩果アナのバッジテスト(ランク)は7級。

これは全日本選手権に出るために必要な級ですので、河西歩果アナは全国規模で活躍するフィギュアスケーターだったということです。

そのため、河西歩果アナは好成績を収める有望株として、将来を期待されていました。小学生スケーターへのコーチ経験もあるそう。

  • 中部日本大会初級クラスで優勝(小学1年生)
  • 第30回全国中学校スケート大会Aクラスで2位入賞(1位は村上佳菜子)
  • 2010年全日本ジュニア10位(4位に宮原知子、19位に本郷理華)
  • 2012年関東フィギュアスケート選手権ジュニア大会で優勝
  • 2015年全国高校総体フィギュアスケート団体準優勝など

 

なんと河西歩果アナは今の日本のフィギュア界を支えている選手たちと競い合っていたんですね。

河西歩果アナは高校生でフィギュアを引退!理由とは?

その後、河西歩果アナは高校卒業を控え地元で開催された「第69回石丸午郎杯」を機に、2015年3月で競技人生から引退しています。

当時、河西歩果アナは山梨勢を背負った選手だったそうで、早い引退に惜しむ声が多かったようです。

河西歩果アナがフィギュア選手から引退した理由は見つけられませんでしたが、「怪我」もしくは「今後の競技人生を考えた」からではないでしょうか。

とはいえ、現役引退後でもこんなに軽やかに滑っています。

スポンサーリンク

河西歩果アナはアニメ「ユーリ!!! on ICE」の演技モデルだった!

競技人生を終えた川西歩果アナは、スケートを通して別の形で活躍することを目標にしていきます。

河西歩果アナがnews zeroに抜擢されるまでの活躍をまとめました。

河西歩果アナのスケートの実力や演技力がわかる撮影秘話

スケートが好きならアニメ「ユーリ!!! on ICE」(テレビ朝日、2016年放送)をご存知ではないでしょうか。社会現象にもなった人気作ですね。

実はロシア選手キャラである「ユーリ・プリセツキー」の演技モデルは河西歩果アナなんです!

華奢な体型や振り付けをアニメで表現するため、振付師の宮本賢二さん一人では作業が大変になり、選ばれたのが河西歩果アナ。

河西歩果アナは振付イメージに合うよう演技し、スッと覚えたと褒められています。このエピソードからも河西歩果アナのスケートの実力が分かりますね。

また、河西歩果アナはキャラクターの髪型を意識して髪を縛らずに踊り、アニメに必要な躍動感のある見せ場が撮影できたそうです。

他にも「紺野、今から踊るってよ」(テレビ東京、2015年10月15日放送分)では氷上でサラッと踊ってみたり、サービス精神豊富です。

体を動かすことや踊ること、表現することが大好きなんでしょうね。

その他河西歩果アナは「フィギュアスケートグランプリシリーズ」、「全日本フィギュアスケート選手権」のインタビュアーや、織田信成のアシスタントを務めました。

スポンサーリンク

news zeroで河西歩果アナが密着取材する!?マニアックな解説に期待!

河西歩果アナのスケート人生を振り返るとともに、調べるとミスコンやインタビュアー、演技モデルなど何でも挑戦していることが分かりました。

もしかしたら、そのポジティブさがnews zeroのアナウンサー抜擢につながったのかもしれませんね。

今後はnews zeroで人気フィギュアスケーターに密着するコーナーが作られ、河西歩果アナ独自の目線で放送されるかも。楽しみですね!

スポンサーリンク