芸人・キートンのネタ動画!R-1批判に賛否両論だけど、当日見た人の感想は?

とろサーモン久保田さんやスーパーマラドーナ武智さんがM-1批判(上沼恵美子さん批判)で大炎上したのが記憶に新しいですが、芸人さんと出場コンテストの関係って注目されやすいですよね。

今、大手メディアにも取り上げられて賛否両論なのが、「キートン(元・増谷キートン)」という芸人さんの「R-1批判」。

キートンさんがファンが減るのを覚悟で訴えた内容を元に、TLで話題になった情報について調べました。

スポンサーリンク

芸人・キートンのR-1批判が話題に!

キートンさんがTLで拡散を希望したのは「R-1(2019)の予選で落とされたこと」。会場で多くの笑いを取ったのに、3回戦の追加合格すらもできなかったと訴えています。

キートンさんが言うには、自分が披露したネタは自信を持って面白いと言えるし、面白いと他人からも言われたそうです。

なので、自分が合格できなかった責任は審査する側にある、つまり、故意に落とされてしまったと発言しているのですね。

Twitterは文字制限があるため、ルーズリーフに手書きで厳しい言葉で書き連ねています。

「R-1詐欺」、「出来レースまがいのやり方」、「仲良くコンテストごっこしてれば?」などの表現で、相当な怒りを持っているのがわかります。

スポンサーリンク

キートンってどんなネタなの?動画は?

それでTLや私も気になったのが、落とされたという予選のネタがどんなものかということ。大きな大会を批判するだけの理由は「ネタが面白いか」にかかってるので。

そもそもキートンさんってどんなネタを披露する芸人さんなのかも、動画や情報で確認したいと思いました。

まず、これはR-1ぐらんぷり2015の3回戦でのネタです。残念ながらR-1ぐらんぷり2019でどんなネタが披露されたのかはわかっていません。

この動画を見てみると、ちょっと滑舌?が気になるような気もします。でも、他の芸人さんにはないオリジナルな要素を持っている人ですよね。

あらびき団や細かすぎるモノマネでおなじみのキートンさん。表情やそぶりで見せていく芸って感じですね。

歌ネタもどうぞ。キートンさんはモノマネや謎のキャラクターを演じるのが得意みたいですね。

するっと下ネタも言ってます汗;

ネットではキートンに賛否両論!

キートンさんが今回「R-1批判」したことで、TLではネタ動画を見た人が面白い派と面白くない派に分かれてしまってます。好みが分かれるネタといえば、そうかもしれないですね。

https://twitter.com/Winning1173/status/1090859720821198848

また、「意図的に」というには無理があるかもって意見も。

そもそも面白いの基準が難しいって意見もTLではありましたね。

スポンサーリンク

キートン出場「R-1ぐらんぷり2019・3回戦」を見た人の感想は?

じゃあ、当日披露したネタ動画がネットになくても、実際に予選会場に見に行った人がどう思ったか、面白かったか意見を探しました。

東京で行われた3回戦に出場した芸人さんたちの中で一番笑った、確かに会場は笑いが起こってたとありますね。

反対に面白くなかった、ウケてなかったよ?っていう人も。

また、キートンさんのネタの内容を探ってみると、

「近年稀に見るくだらなくてバカバカしさ全開」

と言われています。もしかしたら、キートンさんがちょっと下品なネタやぶっ飛んだことを言ったのかもしれませんね。

なので、R-1ぐらんぷりの決勝は全国放送されることを考え、審査する側から見て懸念材料があったとか?

面白さよりも、テレビで放送できるネタかどうかという視点を入れたって可能性があるかもしれません。

決勝では芸能人が審査員を務めますけど、それまでは運営陣(放送作家と言われてる?)が審査しているので、責任問題とか都合があるのでしょうか…。

キートンさんが自信のあるネタ動画をアップしてくれたら追記したいです!

スポンサーリンク