SixTONESのジェシーとは?歌上手いし演技も!バイリンガルでハイスペックすぎ

平均年齢23歳、2018年内で引退を表明した滝沢秀明がMVプロデュースして話題のSixTONES(ストーンズ)。

YouTubeのプロモーションで注目を集め、動画公開からたった二日で再生回数100万回突破した人気グループです。

そこで今回はSixTONESのジェシーについてプロフィール情報を中心にどんな人なのかご紹介します!

SixTONESの読み方や名前の由来は?デビューMVの花の意味も気になる!

2018.11.13
スポンサーリンク

SixTONESのジェシーって?モノマネ上手で実は伊野尾慧の遠縁だった!

まずは基本のプロフィールからご紹介します。顔立ちから見てわかるように、アメリカ人の父と日本人の母を持つジェシー。妹さんもいるそうです。

本名ルイス・まさや・ジェシー
旧芸名ルイス・ジェシー
生年月日1996年6月11日生まれ
出身東京都
身長・体重184cm・62.5kg
血液型O型
ジャニーズ事務所入所2006年9月
高校クラーク記念国際高等学校
特技空手・ルービックキューブ
憧れの先輩堂本剛
好きな女性のタイプ長身で黒髪、素直優しい、一緒にいて楽しい子、料理上手など

ジェシーの性格は明るくて人懐っこい。コミュニケーション能力が高く、ダジャレを交えて周りを楽しませることが大好きです。

例えば幼い頃からコロッケを尊敬して真似するようになり、お気に入りの歌手やドナルドダックなど、完成度が高いモノマネをよく現場で披露しているのだとか。

そんなジェシーの性格の良さは周囲の人たちを繋ぐ役割をしていると、ファンにも評判でした。

https://twitter.com/6_jesse_kuma/status/1059480614343036928

また、めざましテレビに出演したHey!Say!JUMP!・伊野尾慧によって、ジェシーと伊野尾慧が遠い親戚関係にあることが明らかに。

生放送でさらっと発言したので、ファンはびっくりしていましたw意外なところで繋がっていたのですね。

スポンサーリンク

ジェジーの入所理由&初舞台のエピソードが面白い!

ジェシーがジャニーズに入った理由は、通っていた空手道場にすでにJr.だったジョーイ・ティー(現在は退所)が入ったことがきっかけです。

当時社長のジャニー喜多川も「ハーフで活躍が期待できる子」を探していたそうで、母と相談して後日会いに行ったとか。

そしてお母さんから特に話もされずにいきなり1000円をもらい、わからないまま踊らされたのがNHK『ザ少年倶楽部』のリハーサルだったそう!

しかも2週間後には本番の収録で、そのまま大きなNHKのステージに立つことになったんですって。

ジェシーは当時10歳頃でしたが、それまで踊りや歌のレッスンなんて受けてなかったと思いますからびっくりですよね。こんな感じでアイドル人生が始まるんですねwww

スポンサーリンク

ジェシーは歌もラップも上手い!バイリンガルだから洋楽も完璧

https://twitter.com/romamof_0618/status/1060832120552140801

SixTONESの強みは歌唱力。それを支えているのがジェシー(&京本大我)です。ジェシーは話す時は低音なのに、歌声は美しい高音が響きます。

やはりジェシーの歌声はジャニーズ事務所の中でも定評があり、先輩やメンバー、ジャニー喜多川も太鼓判を押すとか。

また、バイリンガルゆえ英語の歌やラップも様になっています。

しかし、小学2年の時に友達に歌が下手だと言われたことがあり、事務所に入所しても3〜4年は歌うことを避け、踊りの練習にに専念していたとか。

その後、A.B.C-Zのバックでラップを披露して褒められ、再び歌うようになったそうです。友人からすれば何気ない一言だったのでしょうが、ジェシーは悩んでいたのですね。

ジェシーの憧れの先輩は堂本剛!懐メロが好きな理由は?

ジェシーはジャニーズの先輩で堂本剛に憧れを抱いており、作詞作曲した歌も披露しています。

また「2011 first Concert in YOYOGI」では、KinKi Kidsの「雪白の月」でソロパートを担当。やはり周囲からの評価が高いのですね。

またジェシーは「音楽がない毎日は考えられない」というくらい音楽を愛していて、ジャンル問わず聴くのが大好き。特に懐メロが好きだそうで、カラオケでもよく歌うのだとか。

なぜ懐メロが好きになったのかというと、「今は簡単に機械で音を作れるけど、当時は生音で収録していたから」だそうです。

お気に入りなのはKinkiKidsや沢田研二、玉置浩二や松田優作「灰色の街」も覚えたとか。

「小田和正のコンサートに向かっているのを見た」とTwitterで目撃情報が上がっていたので、懐メロがよほど好きなのでしょう。

スポンサーリンク

ジェシーは演技やアクションもできる!

ジェシーは歌だけでなく、役者業もこなしています。出演作を見ると次々オファーがあることがわかりますね。

  • 2012年「私立バカレア高校」でテレビドラマ・映画初出演
  • 同年『スプラウト』では恋敵役
  • 同年「THE QUIZ」単独初主演
  • 2013年ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』
  • 2016年9月公開『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』で映画初主演 など

ちなみに基本情報にもありましたが、ジェシーは黒帯を取るほど空手が得意。全国大会準優勝経験もあるので、バラエティ番組では特技の板割りも披露。

https://twitter.com/pumalove405/status/937586817137762305

得意の空手を役者業に生かそうと、2014年2月22日公開『劇場版 仮面ティーチャー』ではアクションに挑戦。アクション監督には「ずば抜けて上手い」と評価が高かったそうです。

アクション俳優としても人気が出るかもしれません!何でもできてかっこいいですね。

なお、11月10日放送の『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』ではSixTONESのメンバーである田中樹、松村北斗、高地優吾と共に、不良高校生役を演じます。

これからドラマや映画など単独でもどんどん活躍しそうですね。

SixTONES・ジェシーの今後の活躍に期待!

今回はジェシーのプロフィールをまとめました。こうしてみるとジェシーは多芸多才で、かつ容姿端麗・バイリンガルとマルチに活躍できる人だな…と思います!

1人で何でもこなせるのにこれまでグループとして、露出が少なかった方が不思議なくらいです。

ファンの間では「苦労の期間が長かったから、SixTONESとして頑張ってほしい!」と期待や応援の声が集まっていました。

SixTONESはすでに人気のあるグループなので、これからの活躍が楽しみですね!

なにわ男子のメンバーカラーに不満&可哀想の声!カラーを変えた理由は?

2018.10.09

タッキーの後輩への指導力がすごい!次期社長として期待される理由とは?

2018.08.29
スポンサーリンク