STU48支配人の山本学って誰?指原莉乃を発掘するも問題多数!

今、Twitterでアイドル以上に
話題になっている人がいます。

AKBグループにおいて立場のある、
注目度の高い人物です。

 

今回はファンの方の多くが知っているであろう、
STU48支配人「山本学(やまもと まなぶ)」
についてご紹介します。

スポンサーリンク

山本学が指原莉乃の活躍に貢献?AKBグループの敏腕マネージャー

山本学は1979年生まれの38歳。
2006年に(株)AKS(秋元康ら創設による人材派遣会社)
に入社して以来、AKBグループの運営に携わっています。

AKBの活動が始まったのが2005年からなので、
山本学は創立時代をよく知るスタッフということです。

彼についてよく語られることは
「指原莉乃(さしはら りの)」の才能や
人となりの面白さに気づいた一人ということ。

山本学によって合格が決まったと
言っても過言ではないそうです。

 

また、山本学はかつて、
AKBのイケメンスタッフランキングに入るほど
アイドルたちにも人気の高いスタッフ。

マネージャーとしての仕事ぶりが評価され、
多くのAKBグループの運営を任されています。

松井珠理奈の精神が重症!?指原莉乃の一言が原因?復帰は絶望か

2018.07.22

山本学の華々しい経歴

まず、AKB48のチームBのマネージャーとなり、
2012年に中国・上海が活動拠点のSNH48のアドバイザーに。

帰国してからは
SKE48(名古屋)の運営に携わることに。
立て直しに貢献したようです。

その後は愛媛県出身ということもあってか、
2017年からはSTU48の支配人
を務めています。

この度、STU48 劇場支配人を務めさせて頂くことになりました山本学です。私事ではありますが、自分は愛媛県の出身なので、瀬戸内エリアに対する個人的な思い入れがあります。さらに、船上の専用劇場や、ひとつの都道府県ではなく7 つの県が集まった瀬戸内エリアをベースとした活動といった、今までには無い新しい試みに携われることを楽しみにしております。まだまだ人としても支配人としても半人前ではありますが、STU48 劇場支配人を兼務の指原莉乃を運営側としてサポートするのはもちろんのこと、メンバー・スタッフそしてファンの皆様と一緒に瀬戸内に愛されるグループを作っていきたいと思います。

引用:ドワンゴジェイピーnews

STU48とは瀬戸内7県を活動拠点とする
新設アイドルグループ。

また、指原莉乃と一緒に務めることになったので、
相性の良さから、STU48の発展に繋がると考えられました。

山本学には経験もあり、
「適任ではないか」
との期待もされています。

 

現在、指原は支配人を退任しているので、
山本学がSTU48をまとめています。

スポンサーリンク

STU48の活動を左右する!山本学の手腕とは?

山本学は指原莉乃をはじめ、
AKBグループアイドルにも一目置かれるスタッフ。

その手腕が期待されていますが、
度々ファンに指摘を受ける行動や結果を起こしています。

例えばSHN48にアドバイザーとして就任したものの、
運営陣が勝手に姉妹グループや他拠点を作ったことにより、
2016年には契約解除に。

山本学は間近で運営に関わっていましたが、
それらの状況を管理しきれなかったようです。

 

また、先ほどの支配人就任コメントにあったように
STU48の目玉企画である「船上での劇場公演」は
何度か頓挫しかけたことが。

 

ちなみに、アイドルの個性に合わせたデザインを無視した
堅苦しい総選挙用ポスターなど、

他のAKBグループにはない
独自のルールが決まっているのだとか。
「山本学支配人の影響では?」との指摘も。

 

そして、一年も経たずに辞めたメンバーも多数。
メンバーだった塩井日奈子は
「STUには人権がない!」と暴露したり、

「運営の方が、私達に対して人権がない、って感じとして思ってる。日奈子はね。1年前くらいに。気づいた。
日奈子って人権ないわって思った。ここにいる限り。東京にいる間は人権があった。
メンバーの休みがないことについて日奈子が思ったのと、帰省があんまり出来ないってことを最初の方に聞いた時、
あぁ人権ないなって思った。絶対訴えれるよ」

引用:フォーティーエイターズ

辞退したメンバーの黒岩唯も
運営側との事情を漏らしています。

「辞める理由を書いたけど運営に無断でカットされた。本当のこと言いたいけど運営に口止めされてる」

引用:2ちゃんねるブックマーク

こうしてSTU48の活動への疑問がファンの間で広まり、
指原莉乃も支配人を辞めてしまったため、

「このままでは泥舟のように
(活動自体が)沈んでしまうのでは?」
と揶揄される始末。

また、活動初期にも関わらず脱退メンバーが多いので、
「運営陣の不当な扱いが原因なのでは?」
と、ファンの間で憶測が広がっています。

スポンサーリンク

スクープされた!山本学の問題行動

山本学は熱血漢らしいのですが、
いきすぎた言動が問題になることも。

以前には未成年がいる席での飲酒に同席し、
その管理体制が大きく取り上げられました。

今回、「週刊文春」が掲載した記事の興味深い点は、パーティに出席した男性陣のメンツだ。参加者は、劇場総支配人の茅野しのぶ氏や、AKS関連会社社長でその名がNMB48のシングルタイトルにもなった北川謙二氏をはじめ、SNH48顧問、専属カメラマンなど10名だった

引用:livedoorNEWS

SNH48顧問(当時)というのが山本学と言われています。

謝罪するも不誠実?森香穂へのセクハラ事件

先日は山本学によるセクハラ発言が話題に。
STU48のメンバー森香穂(もり かほ)により
明らかになりました。

彼女は生配信で、
「色が白くて派手。AV女優みたい」
と「Y」に言われたと話しました。

 

Twitter上では、このYが支配人の山本学ではないかと噂が。
事実確認をしてほしいとの声も多数。

そして7月1日、この一件について
謝罪文が公開されました。

お詫び

STU48のファンの皆様

この度は、一昨日(6/30)の森香穂のSHOWROOM配信においてファンの皆様にご心配を掛けてしまったこと、誠に申し訳ございませんでした。

昨日、本人と面談をしまして当時の会話の中で誤解を招くようなところがあり、私自身謝罪をして、私の伝えたかったことの本意を伝え、本人も理解してくれました。

とはいえ、森に対して不快な思いをさせて更にファンの皆さんにもご心配を掛けてしまう結果になってしまったことは深く反省しております。

今後、このようなことが起こらないようより一層真摯な姿勢でメンバーと向き合っていきたいと思います。

この度は本当に申し訳御座いませんでした。

今後とも森香穂をはじめSTU48の応援を宜しくお願い致します。

STU48劇場支配人 山本学

引用:STU48公式サイト

「理解しあえて良かった」
「当事者でもないのに騒ぎすぎない方がいいかも」

との意見もありました。

しかし、
「面談に女性スタッフが同席した方がいいのでは?」
「セクハラ発言した人と1対1でアイドルが話すかな?」

といった心配の声が圧倒的に寄せられています。

誤解を生んだとありますが、
何のためにセクハラ発言をする必要があったのか、
「説明不足」「説得力がない」と批判されることに。

 

また、女性アイドルへの強烈な発言にも関わらず、
さっと公式サイトに謝罪文を掲載するのみ、
という対応が「誠実さに欠ける」との意見も。

何があったにしても、
ファンの間では批判や心配の声が絶えません。
解雇や処分を求める意見もあります。

 

森香穂がこの一件の後、
「不当に扱われないか」
という心配が残る結果となりました。

山本学が取り仕切るSTU48は
どうなってしまうのでしょうか。

STU48森香穂がセクハラで号泣!山本学支配人の問題発言まとめ

2018.06.30
スポンサーリンク